株式会社平喜 〒421-0195静岡市駿河区丸子新田131 TEL:054-259-0212
株式会社平喜トップページへ戻る
株式会社平喜へのお問い合せ
トップページ > トータルマネージメント

業務案内

メーカーと小売、消費者をスムーズに結び、売りやすい環境を整備。

これまでの常識にとらわれない発想力とフットワークのよい機動力が平喜の持ち味。 メーカー、卸、小売の3つの顔で多角的にお酒を見つめながら売るための、売れるためのサプライズのある提案を行っています。

【 マーケットの動向を的確にマネジメント 】

信頼の棚割レイアウト

営業風景商品の売り上げを左右するのは、販売店様の棚割(商品構成、ディスプレイ等)次第ともいえます。どの商品をどの棚におくのか、配列は、ポップ表示等も含めて提案するのも営業スタッフの役割。地域の消費データを分析することで売筋のトレンドを見極め、経験値と感覚で並べていきます。これが酒販店様とであれば共同作業になりますが、スーパーマーケットなどの新業態ですとこちらに全てを任せられるケースも少なくありません。

例えば新店舗の開店に際し、全売場面積に対し酒類売場はどのくらいとった方がいいのか、どの位置が有効的なのかまで含め、オープニングスタッフの一員として参加することも。ディスプレイにもこだわり、母の日にはワインとカーネーションをおいたり、冬場なら鍋食材の近くにビールをおいたり、クロスマーチャンダイジングの提案も私たちの仕事です。販売を俯瞰的にとらえられる私たちへの期待度、責任度がますます高まっています。

棚割、ディスプレイ

※クロスマーチャンダイジング 関連性のある商品を集合させて陳列する販売手法で、客単価の増加を目的にしたものです。

枠を超えた営業スタイル

会議風景業態の動きに呼応して営業の動きも少しずつ変化がでています。酒販店様をフォローするために、酒販店様が回りきれない飲食店様の中へ入り込んでセールスをすることにも意欲的です。新しいお酒のプロモーションをしたり、お客様のニーズをダイレクトにお聞きし、コミュニケーションをとりながら飲食店様に魅力があり、かつ酒販店様に利益がある商品提案を行っています。

飲食店様の新築現場にうかがい、オーナーの方に地元の酒販店様を紹介したり、ニーズのあるお酒を提案したりするのも営業の範疇です。

メーカー、卸、小売、三位一体でニーズをつかむ

ヒラキグループ詳細はこちら

静岡県では卸業を中心とし、岡山県では酒造メーカーとして清酒(「喜平」「新婚」「将軍」)をつくり、首都圏で酒販を展開している平喜グループだからこそ、メーカーの考えが分かるし、小売の現状も理解することができます。

首都圏からは、トレンドの最先端の動きにアンテナを張り、静岡県では今の商品の動きをリアルタイムで把握分析して、岡山では伝統を守りながら新しい味づくりにトライ。

それぞれのエリアの動きをうまくリンクさせながら、商品の流れをつくり出せることがグループの強みです。広く、深く得たニーズは、次の営業戦略へと展開していきます。

< ページの先頭へ戻る | 元のページへ戻る >